読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【シーズン1使用構築】ゲンガー軸サイクルパ【最高・最終2109 70位】

 初めましての方は初めまして。シーサ。と言います。今回はサンムーン最初のシーズンで、一つの目標であった2100に乗せることができたので記事にしました。TNは「シーサ。」と「Liberty Bell」の2つで潜っていました。対戦してくださった方はありがとうございました。構築は2か月の期間の間に結構いじったので、最終的に使用した構築を載せたいと思います。

 

f:id:si-sapoke:20170116233043p:plain

 

このトレーナーカード、なぜか名前がおかしいし、主人公の顔が映らないが自分でも理由はわからない。それは置いといて構築のコンセプトとしてはメガゲンガーで鬼火を撒いてサイクルを有利に回していく。という感じです。それでは個別紹介に移ります。

以下常態。

 

 

【個別紹介】

 

f:id:si-sapoke:20170117000332p:plain

テッカグヤ@食べ残し 臆病 ビーストブースト

201(228)-108-131(60)-128(4)-132(84)-107(132)

ヘビーボンバー、火炎放射、宿り木の種、守る

 

ザ・オタクポケモン。最速とかではないのでハメ殺すという感じではないが宿り木でじわじわ削り、サイクルを有利に進めてもらう。テテフを主に見てもらうが終盤は電気Zの嵐でかなりきつかった。Sも準速ジバコまで抜くか、Sを落として耐久を上げるかのどちらかが良かったかもしれない。しかし、このパーティーの潤滑油的存在として、とてもいい働きをしてくれたと思う。

 選出率3位

 

 

f:id:si-sapoke:20170117001757p:plain

トリトドン@オボン 生意気 呼び水

206(156)-103-101(100)-112-147(252)-53

熱湯、地震、毒毒、自己再生

 

役割対象としては、ジバコイル、カプ・コケコ、ベトベトン、ポリゴン2あたり。こいつを見てもコケコジバコは普通に出てくるので刺さる場面は多かった。またコケコがトドン読みの草結びやマジシャを打ってくれることも多く、牽制にはなっていたと思う。カグヤと「竹トリ物語」サイクルをすることもそこそこあった。毒毒はあまり打つ機会がなかったので要検討。

 選出率6位

 

 

f:id:si-sapoke:20170117003632p:plain

ギルガルド@弱点保険 意地っ張り バトルスイッチ

シールド時 163(220)-112(252)-170-×-171(4)-84(28)

キングシールド、アイアンヘッド、影打ち、剣の舞

 

パーティー単位で重いルカリオや2、3タテしてもらうために投入した。シーズン後半はテテフやパルシェンのストッパーとしても重宝してくれた。持ち物は珠や鋼Zなどで迷ったが、思ったより発動機会が多かった弱点保険で正解だったと思う。

 選出率4位

 

 

f:id:si-sapoke:20170117004547p:plain

ポリゴン2@進化の輝石 図太い ダウンロード

191(244)-×-149(204)-126(4)-119(28)-84(28)

冷凍ビーム、10万ボルト、目覚めるパワー炎、自己再生

ダメ計:受 補正無ガブリアスの+2逆鱗Z 175~207 乱数1発(50%)

      補正無メガギャラドスの+2滝登り 84~100 乱数2発(16%)

      補正有カプ・テテフの補正有フィールド下サイキネ 85~102 乱数2発

      (28.1%)

    与 補正無H252メガハッサムに+1めざパ炎 144~172 確定2発

 

ほとんどの物理を相手してもらうおまる。乱数が絡むまで耐久を削ってSを上げているが、激戦区の60族の上から殴ることで凍らせたり麻痺させたりして拾える試合も多かったのでこれでよかったと思う。また意地ガブの逆鱗Zは受けきれないが、ゲンガーで鬼火を入れて対処するようにしていた。めざパ炎は起点にして来ようとする鋼タイプに結構刺さったので良かったと思う。受けポケの宿命ではあるが毒を入れられると一気に苦しくなるのでそこにはかなり気をつかった。

 選出率2位

 

 

f:id:si-sapoke:20170117011310p:plain

ミミッキュ@フェアリーZ 意地っ張り 化けの皮

131(4)-156(252)-100-×-125-148(252)

剣の舞、じゃれつく、シャドークロ―、影打ち

 

初の国際孵化で生まれた色違い。重いルカリオやデンジュモクをZ技で吹き飛ばすために最終週に投入した。抜いていくというよりは、ストッパーとしての役割を担ってくれた。選出機会は多くはなかったがZ技を打つ機会は多く、よくピンチを救ってくれた。ゴーストZかフェアリーZで迷ったがゴーストZで落ちない相手が多くフェアリーZにした。当たり前ではあるが素の火力は全くない。

 選出率5位

 

 

f:id:si-sapoke:20170117000258p:plain

ゲンガー@メガ石 臆病 呪われボディ→影踏み

メガ後 159(188)-×-105(36)-194(28)-116(4)-200(252)

シャドーボール、ヘドロ爆弾、鬼火、挑発

ダメ計:受 補正有メガハッサムの+2のバレパン 90.5~106.2 乱数1発(43.8%)

      補正有ミミッキュの+2影打ち 134~162 乱数1発(6.3%)

    与 補正無H252メガゲンガーにシャドボ 152~182 乱数1発(56.3%)

      補正無無振りカプ・テテフにヘド爆 146~174 確定1発

      

今回のパーティーの主役。鬼火を撒いてサイクルを回したり、挑発で起点を阻止して後ろに繋いだりする。道連れを失って単体での性能は弱くはなったが、サイクルでの強さはさすがという感じだった。ただ鬼火を外して負けという試合も多く、私の多くの髪を奪っていった。当てれば強い。それだけだった。

 選出率1位

 

 

【選出】

基本選出はf:id:si-sapoke:20170117015320p:plainf:id:si-sapoke:20170117015326p:plainf:id:si-sapoke:20170117015352p:plain。重いポケモンによって主にカグヤを他のポケモンに変えていく。

 

 

【苦手なやつ】

デンジュモクはかなり苦しいと感じた。催眠されたら全抜きも普通にあった。あと上位に多かったガルーラも鬼火を入れられないとブレクロだけで崩壊させられた。コケコもトドンを選出しない場合、ゲンガーの同速負けやポリ2が眼鏡で押し切られるなどして崩壊する。

 

 

【まとめ】

サンムーン最初のシーズンということでかなり張り切っていたが、予想以上にレートを上げられず、最後のほうは300下との試合は汗だらだら流しながら試合をしていた。結果的には2100に乗せるのが精いっぱいという悔しい結果にはなってしまったが、目標の1つであったし、バンク解禁前の独特なシーズンを楽しめたので良かったとポジティブに考えようと思う。

バンク解禁後は相棒(?)のホルード君が使えるので相棒と共に上を目指し、2100で止まらない実力を身に着けていければと思う。なにかあればコメントかツイッターまで。それでは。

 

ツイッターシーサ。 (@shi_sapoke) | Twitter

 

f:id:si-sapoke:20170117134057p:plain

f:id:si-sapoke:20170117134042p:plain

 

 P.S 私はドルオタポケ勢の方のお友達を無限に募集しています。