読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕的AKBの曲ベスト20

こんにちはシーサ。というものです。今回はにわかの僕が好きな曲ベスト20を決めたので書こうと思いました。

※私はにわかなのでそこは悪しからず

※今回はAKBの楽曲(シングル・公演曲・アルバム)に絞り、他店の曲は入 

 れてません。

 

 

第20位 僕だけのvalue(2010年、シングルカップリング)

 シングルのBeginnerのカップリング曲。僕が高校生の時通学時によく聞いてたのが思い出深い。当時の推しであったらぶたん、みゃお、茉夏がいたのも大きい。

 

第19位 Only today(2007年、公演曲)

 リクアワでも毎回上位に来るとても人気のある曲。曲調のポップさと歌詞の切なさが合わさっているのがとてもいい。

 

第18位 森へ行こう(2007年、公演曲)

 タイトルからはとても想像でもない重厚な曲で初めて聞いたとき衝撃を受けた。

 

第17位 100mコンビニ(2010年、公演曲)

 元ポケモン生主のな〇てぃーさんが良く好きって言ってた気がする。曲のテンポと歌詞のリアル感が好き。

 

第16位 横須賀カーブ(2009年、公演曲)

 歌詞がかっこよくて好き。他の歌手にも歌ってほしい気もする。

 

第15位 スキャンダラスに行こう!(2012年、アルバム曲)

 優子とこじはるの自由な感じがめっちゃ伝わってきてこっちまで楽しくなる。

 

第14位 夢の河(2012年、シングルカップリング)

 あっちゃんの卒業曲。聞いてると普通に涙腺が緩む。あっちゃんの歌声は決してうまいわけではないと思うが、とても惹きつけられるものを持ってると思う。(KONAMI)

 

第13位 快速と動体視力(2013年、シングルカップリング)

 僕の推しである須田亜香里ちゃんがセンターを務めている楽曲。とても爽快感のある曲で、電車に乗りながら聞くととてもいい。

 

第12位 思い出のほとんど(2012年、アルバム曲)

 あっちゃんとたかみなのハモリがとても心地よい。2人の物語が見えてくる感じが好き。

 

第11位 アボガドじゃね~し(2012年、アルバム曲)

 これも1830mの楽曲。こちらはさっしーまゆゆのいわゆるアイドル声のコラボがいい。歌詞の意味不明さがなんかいい。

 

第10位 ゼロサム太陽(2011年、シングルカップリング)

 曲調がとてもかっこいい。目覚ましに設定しているため毎朝この曲で起きている。ということもあり、1番聞いている曲かもしれない。

 

第9位 思い出す度につらくなる(2012年、公演曲)

 チームサプライズの公演曲。AKBパチンコをよく打っていたので、あたりを引いたら、毎回流していた。あっちゃんとこじはるのハモリはいい(n回目)

 

第8位 旅立ちのとき(2012年、公演曲)

 こちらもチームサプライズの楽曲。卒業曲としてもとてもいい。

 

第7位 1994年の雷鳴(2012年、公演曲)

 まさかの3連続チームサプライズ。この曲が1番パチンコで聞いていた。とてもかっこいい。

 

第6位 7時12分の初恋(2007年、公演曲)

 歌詞の女の子と付き合いたい()こんな子がいればなあと思わせてくれる歌。朝に聞くととても心地よい。

 

第5位 春一番が吹くころ(2009年、公演曲)

 歌詞がすごい好き。春という出会いと別れの季節をすごい表している神曲だと思う。

 

第4位 家出の夜(2012年、アルバム曲)

 1830mに入っているチームKの曲。横須賀カーブやゼロサム太陽同様、非常に爽快感のある曲で、意味のある歌詞もとてもいい。

 

 

では、ベスト3に行きますー

 

 

第3位 言い訳Maybe(2009年、シングル曲)

 もともとAKBアンチ気味だった僕がAKBにはまるきっかけになった曲。初めて聞いたときビビッってきたのを覚えている。あっちゃんとえれぴょんがめちゃくちゃかわいい。

 

 

第2位 抱きしめちゃいけない(2011年、シングルカップリング)

 フライングゲットのカップリング曲。高校時代1番聞いていた曲だと思う。推しの須田亜香里選抜総選挙初ランクインの楽曲である。PVのノーカットでやっているのがとてもすごい。歌詞の切ない感じもとてもいい。

 

 

第1位 僕の太陽(2007年、シングル曲)

 毎回この曲を聴くとなぜか涙腺が緩む。多分えれぴょんの思い出が深い曲だからだと思う。とにかくえれぴょんがかわいい。歌詞もそうだがダンスも好き。

 

 

 

後から気づいたけど、かなりのクソ記事だわこれ。